会社案内

HOME>BUSHI・DOとは?>会社案内

沿革 —BUSHI・DOの歩み—

2008年
プロ選手育成・指導「LIG STAYGOLD」設立
2009年
川崎新田ボクシングジムにてプロ選手向けの食生活や正しい減量方法などの講座を開催(第34代日本ライトフライ級王者「黒田雅之」選手や全日本新人王選手も参加) 神奈川県進学高校にて部活指導
2010年
キッズ選手育成指導
2011年
株式会社BUSHI・DO設立
2012年
健やかな青少年育成「武士道精神に学ぶ」シリーズの講演活動を開始

TETSUROご挨拶

HOME>BUSHI・DOとは?>TETSUROご挨拶

新倉哲郎 はじめまして。
株式会社BUSHI・DO代表の新倉哲郎です。
ここでは、株式会社BUSHI・DOを立ち上げるきっかけをお話ししたいと思います。

僕は両親教師という家庭で育ちました。
ところが、もっぱら勉強好きではない少年時代。柔道、野球とスポーツや遊びに夢中でした。小中高と学生時代にしっかり勉強した記憶はほとんどありません。10代後半、空手との出会いがきっかけでそのまま格闘技の世界へ。

新倉哲郎 プロ選手をしながらジムの子供のサポート、後輩のサポートをしていました。その中でたくさんの気付きがあり現在に至りますが、色々な子供や大人がいるけれど、スポーツでは礼儀礼節が自然と身につくこと、強くなればなるほど相手を思いやる気持ちの余裕が身につくこと、お互いに切磋琢磨して向上心が芽生えてくること、努力や忍耐なども身についていくなど、これはほんの一例ですが、そういえば、自分もそうだったということを思い出したのです。

新倉哲郎 そして、今になって勉強するのが楽しいのです。
思い返すと、少年時代は勉強する意味やその価値が分からなかったので集中できなかったかもしれない。
そうならば、意味があるという価値観をもたらすことが出来れば、より多くの子供たちが将来立派な人になっていくお手伝いが出来ると、そして大人でも学ぶ姿勢から謙虚さ、律義さを持ち合わせることにより、社会全体の心の充実に貢献できるのではないかと思ったことでした。

新倉哲郎 僕は武士道精神というのは規律正しく、厳しさの中に優しさがあり、優しさの中に厳しさがあり、心と体のバランスがとても大切だと知りました。プロ生活では優しさと強さを持ち合わせ、そして行動することが大切だと実感してきました。

今の日本の青少年たちに、この心の強さと在り方という息吹を吹き込みたい、そういう願いと思いを込めてこの会社を立ち上げたのです。