株式会社BUSHI・DOとは

人材の育成こそが国益となり
公利となり日本の未来を切り開く力となる

弊社は、「教育」を軸として老若男女問わず人間の真理が学べる古典を教え伝え続けています。
私たち人間は時代の変化とともに衣食住も大きく変化しました。
ですが、人間の内面にある本質だけは時代が変わろうとも変化することはありませんでした。
その証拠が論語などを含む古典です。2000年以上も読み継がれるのはなぜでしょうか?
それは、時代を越えて私たちの心に響く教えや言葉がたくさんあるからです。それと同時に、いつの時代でもその教えは活用できたということです。事実、今読んでも多くの部分に共感が得られるはずです。混沌とした今の時代こそこういった普遍的な真理を学ぶことが大切であると思います。
なぜならば、軸があるか、ないか、そういったところで人生の味わいや深みが大きく変わるからです。目に見えるものだけに心を奪われ、目に見えない大切なものを失いやすい時代だからです。
経営で例えると、数字が判断基準という利益至上主義に傾いてしまっていることになります。もちろん企業は利益を上げることが重要ですが、数字が判断基準となってしまうと、人を育てる過程を軽視してしまうことに陥りやすいのでそれは残念なことです。
近代の経済基盤をつくった渋沢栄一さんは企業とは地域社会に貢献し、国家の為に、国民の為に存在するものだとしてその理念の基600社以上の企業の立ち上げに関わり、地域社会、国家の為にその人生を捧げました。
経営の神様と呼ばれる松下幸之助さんは「うちはモノをつくっているんじゃない、人をつくって(育成)いる」と言い切っています。本田宗一郎さんは「モノをつくるということは社会の為になることであり、みんなに喜ばれるものでなければならない」という信念で仕事に打ち込んでいました。そんな、本田宗一郎さんは新工場を建てるときに一番最初に最新設備にしたのはトイレと社員食堂です。誰だって気持ちよく働きたいと思っている、だからそこに設備投資するのは当たり前だろ。と言い切りました。
「企業は人」よく耳にする言葉ですが、武田節の「人は石垣、人は城」とありますが、それは人を大切にし、人を活かすという人情経営(人徳経営)のことです。そのリーダーの在り方こそ、日本的経営、武士道精神を活かす経営であると考えます。
そういったことをふまえ弊社では、「人を大切にする経営」「人を育て活かす経営」を真剣に実施したい企業様に向けて、古典や歴史から抽出した「原理原則」を現代の企業経営に活用する研修プログラムを提供しています。
社風となる「徳」(人間性)を高める事は、サービスの向上や企業のブランディングに繋がり、地域のインフラとして、企業の永続的な発展に繋がると信じております。
仕事力と人間力を兼ね備え、将来の経営を担う人材の育成を全力でお手伝い致します。
また、青少年の育成は「武士道こども教室」という体育×人間力を軸に幼児(2歳~6歳)から小学生(7歳~12歳)までを指導する教室を運営しております。
ここでも、論語などを含む古典をこどもたちが読み上げております。現代の寺子屋というイメージで想像して頂ければと思います。
弊社は教育を主軸とし、老若男女問わず、人材育成に全力で取り組んでおります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
株式会社BUSHI・DO
代表取締役 新倉 哲郎